面接では多くの質問を受けることになります。

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

面接での回答は抑揚と間を作って話すことで説得力が増します

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます
面接では多くの質問を受けることになります。その質問に滞りなく適切に答えていくことが高い評価を受けることに繋がります。ですから、されるかもしてない質問を想定して、それに対する回答を用意しておくことが大切になります。更にそれを何度も練習をして頭に叩き込んでから面接に臨むことが重要なことになります。

しかし、それによって起こってしまう評価を下げることに繋がることもあります。それは、何度も練習をすることによって言葉に説得力が無くなってしまうことです。スラスラと話すことは良い事なのですが、あまりに流暢すぎてしまうと、何も考えずに用意してきたことをただしゃべっているだけという印象になってしまうということです。それでは強い思いを伝える事は出来ません。そこで、そういった事態を避けるための方法として抑揚があります。話をする時に声に抑揚を付けるということです。たったこれだけでもしっかりと伝えようとしているということは表現出来ます。更に、ある程度の間を作って話すことによってその効果は上がります。せっかく練習をしたにもかかわらず、それが逆効果になってしまうのは勿体ないことですので、抑揚と間を作ることを意識して効果的な回答にすることが大切です。

お役立ち情報