事務系の仕事は特に人気の高い職種の一つです。

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

事務系求人の面接でのアピール

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます
事務系の仕事は特に人気の高い職種の一つです。職種毎の有効求人倍率も事務職は倍率が高く、競争率が激しいことが分かります。魅力的な条件の求人の場合は、一つの求人に対して何人もの応募者がいることも多いです。面接で自分の魅力をうまく伝え、最も会社で働いてほしい応募者と評価してもらわなければなりません。

事務系の仕事で避けては通れないのはパソコンを使う仕事です。もし、パソコン関連の資格を取得している場合は、どのレベルのスキルや知識を身に付けているか伝えましょう。資格を持っていない方も、前職のシステムを使った仕事や入力業務を行っていたなど、具体的に仕事内容を伝えると分かりやすいです。パソコンは得意ではないという場合も、ハローワークの職業訓練でパソコン講座を受講している等、基礎知識を身につける努力をしていることを話しておきましょう。

他には事務処理の正確さやスピードも求められます。しかし、面接では実際の処理を見られるわけなく、口頭で面接官に伝えなければなりません。1日にどれくらいの量を処理していたか、ミス率が低く事務表彰されたなど、数字や実績を交えて話すことで、評価基準が明確になります。もちろんコミュニケーション能力やビジネスマナーも働く上で大切な要素です。これらをしっかりとアピールして、採用に繋げていきましょう。