司法書士は、身近な街の法律家として、その職責の重要性が増している法律専門職です。

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

司法書士事務所の採用面接時における注意点

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます
司法書士は、身近な街の法律家として、その職責の重要性が増している法律専門職です。しかしながら、近年においては、司法書士試験の出願者数・受験者数が減少し続けており、合格者数も減少の一途を辿っています。このような状況から、司法書士業界全体として、人手不足の傾向にあり、特に東京等の都心部においては、このような傾向が顕著となっています。よって、司法書士試験に合格すれば、就職先が見つからないということはまずないと思って構わないでしょう。

もっとも、採用する側に司法書士事務所や法人の中においては、司法書士なら誰でも良いというわけでなく、個人の人格等を判断した上で断るというところも多々あります。これらの事務所は、新人の司法書士を単なる労働者としてではなく、一人前の司法書士になるためにしっかりと教え込むという考え方をしているところが大半です。よって、このような事務所への就職を希望したい場合は、採用面接時において、くれぐれも注意しなければならない点があります。それは、誠実さや真摯さ、向上精神を見せるということです。間違っても、給与条件や職場環境等といった点についてばかり詳しく聞くということは避けるようにしましょう。