現在働いている会社を辞めてから、転職活動を始める人も沢山いますが、在職中に始める人も少なくありません。

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

面接に行けなくなったら

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます
現在働いている会社を辞めてから、転職活動を始める人も沢山いますが、在職中に始める人も少なくありません。理由は、失業期間がないと言うメリットがあるからです。しかし、全くリスクがないわけではありません。在職中なのですから、重要な会議をすることもありますし、出張が入ることもあります。それらが面接の日に被ってしまうこともあり得るわけです。当然、会議や出張をすっぽかすわけにはいきません。その場合、面接の日を変更してもらわないといけませんが、それを言うのに躊躇する人は多いです。

面接の日を変更してほしいなどと言ったら、マイナスの印象を与えてしまう、採用されることはなくなると思うからです。しかし、正当な理由があれば、日時は変更してもらえます。それでマイナスの印象を与えると言うことはほとんどありません。ただ、ギリギリに連絡するのはNGです。行けないことが分かったら、すぐに先方に連絡を入れましょう。どうしても行けないと言う旨を伝え、きちんと謝罪もすることが大事です。了承してくれないと言うことはほぼないので、過度に心配することはありません。ただ、変更が可能なのは原則として1回だけです。それは頭に入れておきましょう。