面接では多くの人が緊張をします。

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます

面接では面接終了の言葉を聞いてすぐに緊張を解くのは早すぎます
面接では多くの人が緊張をします。それに対して何らコンプレックスを感じる必要はありません。適度な緊張をするということは相手に良い印象を与えることに繋がることもあります。大切なことは、その緊張を最後まで維持し続けることです。もちろん、極度に緊張してしまう人は緊張を鎮めることを考える必要がありますが、適度なものなら鎮めるのではなく維持することに気を付けた方が良いです。

緊張を解いてはいけないタイミングで解いてしまう典型的な例の一つとしては退室時が挙げられます。面接官より面接の終了を告げられた時に一気に緊張が解けてしまうことがあります。面接官より終了を告げられた時にホッとした気持ちになることは仕方のない事としても緊張を解くにはまだ早すぎます。しっかりと、貴重な時間を割いて面接をしてくれたことに対してお礼を言うことを忘れてはいけません。また、席をたって部屋から出ていくところにも要求されるマナーは存在しています。決して、面接官より面接の終了の言葉があった段階ですべてが終わるわけではありません。選考の対象となることは、その後のことの中にも含まれていますので、しっかりと緊張感を以って対応をすることが大切なことになります。

お役立ち情報